長い目で見たとき | 賃貸物件のリフォームではどんな許可が必要?

賃貸物件でも諦めないで!リフォーム可能な物件があるってほんと?

賃貸物件での自分の好きなようにリフォームしていいの?

すぐに空き家になるより、長く住んで欲しい

大家さん、いわゆる貸主が一番嫌なのは部屋が空いてしまうことです。空き部屋はずっとそのままにしていると水回りのパッキンが劣化してしまったり、水の悪臭が出始めたりします。そうなると、また修繕をする必要が出てきてしまいますよね。
そして空き部屋となると、その間の家賃が入ってきません。大家さんによっては管理会社と家賃保証契約をしているところもあったりしますが、基本的には空き部屋イコール家賃収入ゼロということになり、避けたいと思っているんです。
借主が自分好みに部屋をリフォームしたら、どうでしょうか?すぐに転居することが考えられますか?むしろそこにとどまる人が多いです。
少しでも長く住んでもらえるのであればその間の家賃は保証されますし、お互いにメリットが生まれます。

貸主が費用を負担する必要がない

経年劣化による修繕は、基本的には大家さん(貸主)負担で費用が発生します。水回りは特に懸念劣化によるトラブルが起こりやすい箇所ですし、壁紙も日当たりによってはすぐにダメになってしまいます。
それらを都度修繕するのには費用がかさみます。けれどもそれは貸主の義務なので仕方がありません。
けれどもこれが借主希望のリフォームとなると話が変わってきます。借主の希望で変更したい室内を、わざわざ貸主が費用を負担する必要はありません。業者を呼んで見積もりを出したり、室内の修繕計画を立てる必要もありません。これらはすべて借主が行うべきこととなりますので、リフォームにかかる費用だけでなく時間も削減することができるんです。


この記事をシェアする